苦痛

癌の転移を食い止めるべし|見逃さずに早期発見するのが肝心

治療を受ける前に

カウンセリング

悪性リンパ腫を発症した場合の治療として代表的な物の一つに化学療法がありますが、化学療法の問題点として、強い副作用を伴うという事が挙げられます。その為、化学療法を受けた最中は吐き気や胸やけと言った食欲不振に関する副作用が多く見られ、患者さんは満足に食事を摂れなくなる場合が多く、食事を摂れないと栄養状態が悪化して治療にも悪影響を及ぼすため、化学療法の治療では食事の工夫も必要です。食欲が無い場合は無理に食べる必要は無いので、自分の好きなもので食べられそうなものを食べるようにしましょう。特に化学療法の治療ではたんぱく質の摂取が大切です。たんぱく質は抗がん剤によって破壊された正常な細胞を再生させるのに必要ですし、免疫細胞もまた、たんぱく質が無いとつくりだせないのです。

悪性リンパ腫は、白血球の中にあるリンパ球ががん細胞によって悪性化した病気です。悪性リンパ腫になると、リンパ節が腫れるというような症状が現れます。リンパ節の腫れは自分でも見つけることが可能で、悪性リンパ腫は数多いがんの中でも自分で見つけることが可能な数少ないがんであるといえます。悪性リンパ腫は大きく分けるとポジキンリンパ腫と非ポジキンリンパ腫に分けられ、非ポジキンリンパ腫はさらに30種類以上に分けられますが、日本人の場合、悪性リンパ腫を発症した場合、ほとんどが非ポジキンリンパ腫になります。非ポジキンリンパ腫はその種類によって進行度が大きく異なります。一般的に高悪性度と呼ばれる症状の進行が速いものは治療の効果が出やすく、進行が遅い低悪性度のものは治療の効果が出にくいといわれています。