苦痛

癌の転移を食い止めるべし|見逃さずに早期発見するのが肝心

生存率は高いがん

女性

大腸は人間が持つ最も長い臓器で、長さは二メートルにも達します。大腸は水分を吸収し、排せつ物を生成する器官です。盲腸・直腸・結腸・肛門など様々な器官に分かれており、日本人はS字結腸と直腸に腫瘍ができやすいと言われています。ポリープと呼ばれる良性の腫瘍が悪性化するケースと、正常な粘膜から発生するケースの二種類があります。直腸がんは近年急速に増加したがんの一つで、その原因は日本人の食生活の変化にあると考えられています。罹患者は四十代から増え始め、以降は加齢と共に増加していきます。男性が女性の二倍ほど高く、どの部位に発生するかも性別によって差異があります。死亡率は罹患率に比べて約半分程度ですので、生存率自体は比較的高いがんとも言えます。

直腸がんは初期段階での自覚症状が乏しく、痔核と間違われる事も多々ある為、注意が必要です。排せつ関連の異常が出やすく、下血、血便、下痢と便秘の繰り返し、腹痛などの症状が現れます。上記の症状が確認できた場合は、大腸肛門科での検診が強く推奨されます。直腸がんの治療は腫瘍の切除が基本です。初期段階で発見できた場合は内視鏡を使用して内側からの腫瘍切除が行われます。内視鏡手術が行えないケースでは、開腹手術による切除が行われます。直腸がんは早期治療ができれば根治できる可能性の高いがんです。やはり他のがんと同様、定期的な健康診断が最も有効な対策となります。直腸がんのスタンダードな検査方法は便潜血反応検査です。