相談

癌の転移を食い止めるべし|見逃さずに早期発見するのが肝心

自覚症状がない病気

病棟

肝臓は、その予備力の高さから沈黙の臓器とも呼ばれています。そのため、肝臓がんに罹っても自覚症状が殆ど出ない場合も多いようです。B型及びC型肝炎ウイルス感染者は、肝臓がんの罹患率が飛躍的に上昇します。とにかく発見しにくい病ですので、定期的な健康診断が最も有効な対処法です。

もっと読む

事前の予防が大切

医者

癌という病気が他の病気と大きく違う、最大の点は転移という現象を引き起こすという点ではないでしょうか。転移と言っても大きく分けて2種類あります。一つは局所転移と呼ばれる現象です。これはある臓器に癌が発生して成長し、その臓器の内部を移動して同じ臓器の他の場所で腫瘍を発生させるという現象です。この局所転移の場合は比較的治療がしやすいという特徴があります。それはなぜかというと、同じ臓器に転移したという事は、癌細胞がまだその臓器内にとどまっているという証拠だからです。もう一つは遠隔転移と呼ばれる現象で、血液やリンパの流れに乗り、原発部分とは全く別の場所で癌を発症させます。こちらは癌細胞が全身に散らばったという証拠になるので治療が大変難しくなります。見逃さずに早期発見するのが肝心です。

癌は治療した後も油断できない病気です。むしろ治療直後が最も危険だと言われています。転移や再発は治療後数か月以内に発生するケースが最も多いからです。その理由は治療やそれまでの癌によって免疫力が低下しているからです。ですから治療後の転移や再発を防ぐには何よりも免疫力を高める為の工夫が必要になります。まず、体力が落ちると免疫力が低下するので、退院して医師の許可が出たら無理のない範囲で出来るだけ早めに運動を開始しましょう。運動する事で健康的な身体を取り戻すことが出来、結果免疫力の上昇にもつながります。また、食生活の改善も退院後に取るべき手段として大切な事です。野菜には抗酸化作用を期待できるものが多いですし、特に大豆には癌の成長を抑える栄養素が含まれていることが分かっています。

治療を受ける前に

カウンセリング

悪性リンパ腫の治療では化学療法を用いることが多いのですが、化学療法を受けると副作用によって食欲不振になりやすいです。治療中は無理せず、食べれそうなものを食べるとよいでしょう。悪性リンパ腫の症状にリンパ節の腫れがあり、この腫れは自分で気づくことができます。

もっと読む

生存率は高いがん

女性

直腸がんは直腸にできる悪性腫瘍です。日本人の食文化が欧米化した事により、罹患者が増加した病気と考えられています。死亡率が罹患率の約半分で、生存率はほかのがんと比べて高く、早期治療で根治も可能です。

もっと読む